パニック障害 体験談

私のパニック生涯は事前に自覚症状が無かった

パニック障害体験談

 

私は数年前にパニック障害を発症しました。
ある日突然自宅にいるときに何の前触れもなくパニック発作が私を襲ったんです。

 

全く経験したことの無い恐ろしい感覚に襲われた事は
今でも決して忘れはしません。

 

夜は不安で眠れなくなるし、このまま死ぬんじゃないかと思う程の
強烈な発作がくると思うと常に恐怖がまとわりついていました。

 

しかしどれだけ辛い症状でも見た目にはわからないので
パニック障害を発症したとき周囲の人達に理解されませんでしたが・・・。

 

 

 

ただ尋常では無い発作が定期的にやってくるし、
心臓も常にバクバクしているような状態で
常に不安でたまらなくなって、どんどん衰弱してしまったんですね。

 

 

 

そうして私の闘病生活が始まりました。

 

私は精神安定剤などを飲みたくなかったので、インターネットで調べたところ漢方薬が効くと知り、
そういった方法での治療を試みたんですね。

 

しかし1ヶ月続けても漢方では症状の改善が見られず
値段も月に2万円くらいと高額だっため断念。
最後の砦にすがる思いで心療内科へ駆け込みました。

 

 

ここでもらった薬でパニック発作は出なくなったのですが、完治にまでは至らず副作用なども実感することに。

 

それはいつも倦怠感や眠気がつきまとい、
やる気が全く出ないという状態が慢性的になってしまったんですね。

 

 

ですので1年くらい経って少しずつパニック障害の薬の服用を
減らし2年目くらいで完全にやめました

 

しかし、パニック発作こそ出ないものの、
すぐに心臓が痛くなったり、不安感に襲われることが日々続いたのです。

 

 

パニック障害というものは
一生付き合っていかなければいけない病気だなとその頃は思ったものですが、

 

いつもやる気が出ないしすぐに疲れてしまうので、
仕事もまともに出来ず本当になんとかしたいと悩んでいたんですね。

 

どうやらこのときはパニック障害からうつ病へと症状が移行していたようです。

 

 

そして私はそれからも心理療法や認知行動療法など色々な治療法を試してみました。

 

パニック障害が完治した今から見れば
どれも治療には効果があったんだと思っていますが、
なかでも劇的な改善に繋がったのは「首こり」の治療でした。

 

詳しくはコチラのページで解説していますが、

 

パニック障害は首こりを治せば完治する!!

 

 

薬をやめても自律神経の不調は全く無くなりましたし、
それまで真っ暗だった精神状態も180°変化し前向きになっていったんですね。

 

長い間つきまとっていたダルさや倦怠感も解消され、
それまで失われていた行動力も戻ってきました。

 

これまでパニック障害の改善のために様々な方法を試したけど
完治までには至らないという場合であれば、

 

首こりが根本的な原因である可能性が高いですから
一度疑ってみた方が良いかもしれません。実際に私は最も効果があった方法です。

関連ページ

パニック発作が飛行機の中で起きてしまったらどう対処するか
私がパニック障害を発症して最も辛かった経験は飛行機の中でパニック発作が起きてしまったことです。私の経験からオススメする対処法を綴っています。

 
トップページ パニック障害の治療 関連する病気 パニック障害体験記 改善克服プログラム